カテゴリ:Campania( 8 )

やっぱりおいしい、ピッツァナポレターナ。

ナポリのバールで朝ごはんを食べた後
Junちゃん到着まで本屋で過ごす事に。
ナポリチェントラーレ駅にある本屋は大きくて好きです。
カラブリアまで荷物を取り(正確にはまとめて送る)に向かっている途中なのに
タウンページ大の本を2冊も買ってしまった。さーどうしよ。

Junちゃんと合流したところで下町散策に出発!
この後、ひどく迷う事になるとは・・・
そんな事まったく、思ってなかったよ・・・ね?!Junちゃん。
e0129137_8452188.jpg

ごちゃごちゃした感じがたまらなく好きなナポリの路地裏。
向かいの建物に渡した洗濯の干し方はナポリ名物?
カラフルな洗濯物がはためくと万国旗のよう。

Junちゃんと会った時から『お昼はピッツァだね!』と決めていたので
前回のリベンジ、Da micheleに行きました。
老舗中の老舗で超有名店です。
e0129137_9434636.jpg

相変わらず店の前には人だかりが・・・
時間にも余裕があったし、整理券をもらって待つことに。
もらった番号は『38』
ちょうど『12』辺りが呼ばれていました。

店内は相席の食堂風、それがまた楽しいですね。
e0129137_84737.jpg

ここのピッツァの種類はシンプルな2種類だけ。

別々のを頼んで半分ずつにしました。
Margherita(手前)
マルゲリータ(トマトソース、モッツァレラチーズ、バジリコ)
Marinara(奥)
マリナーラ(トマトソース、オレガノ、ニンニク)
Normale(ノルマーレ/普通) とMedia(メーディア/中)の2サイズ、
後の席の人が食べているサイズを確認してNormaleを注文
とてもNormaleとは思えない大きなピッツァが出てきました。
ナポリピッツァの特徴は何と言ってもモッチモチで香ばしく焼けた生地!
そして濃厚なトマトソース!
e0129137_8475913.jpg

ひたすらピッツァを焼き続けるPizzaiolo(ピッツァイオーロ/ピザ職人)に
『めっちゃ美味しかったよ!!』と伝えてピザ釜の中を覗かせてもらいました。
釜の中でピッツァを操る姿は、ほんと職人ですな。

ピッツァを食べにナポリに来る価値はあります、
Da micheleで整理券をもらう価値もありますよ!
あ、整理券の番号はイタリア語で呼ばれるので注意です。

Da michele
via C.Sersale,1
tel 0815539204

www.damichele.net
Chiuso:domenica(日曜休み)
Ferie:in agosto(8月フェリエ)


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-03-26 05:05 | Campania

やっぱりおいしい、ナポリ菓子。

朝8時半
ナポリについてまずはバールで朝ごはん。
ナポリのバールでは他ではなかなか見ることの出来ないお菓子が色々ありあます。
e0129137_22142936.jpg

まず有名なのはSfogliatella(スフォリアテッラ)
左の貝殻(ハマグリ風)の形をした方がriccia(リッチァ)と呼ばれ
何層にもなった極薄の生地が口を切りそうなほどパリパリ・・・
いやバリバリに焼かれてて
この生地がかなり特徴的で他に無い食感。
右のはfrolla(フロッラ)と呼ばれ
タルト生地でクリームが包んであるもの。

どちらも中には熱々のリコッタチーズとオレンジピールをベースにしたクリームがぎっしり詰ってます。
リコッタチーズがベースと言っても、セモリナ粉も使ってあるようで
けっこうどっしりくる感じだけど
イタリアのドルチェにしては甘さが控えめかな?

他にチョコレートクリーム入りやお惣菜風のもあるのと
同じバリバリ生地で形違いのCoda di aragosta(コーダディアラゴスタ:イセエビの尾尻)と呼ばれる
その名の通りの形をしたものもあります。
e0129137_2218171.jpg

私が選んだのはfrollaでリコッタクリーム入り。
ricciaとは逆のホロホロとしたタルト生地に
外の生地からの想像を越えるやけどしそうなほど熱いクリームが出てくるので注意です。
e0129137_22322732.jpg

もう1つ外せないのがBabà(ババ)
ブリオッシュ風の生地を発酵させ焼き
ラムやリモンチェッロベースのシロップに漬け込んだお菓子です。
さらにカスタードクリームやフルーツが添えてある物も。

その後、junちゃんと合流してナポリ散策に出かけ
おいしいピザを食べました。
それはまた次回。


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-03-25 22:41 | Campania

アマルフィのプランツォとペレゼペ。

ナターレ前、カラーブリアのみんなと別れて
チハルちゃんとナポリ、アマルフィを1泊2日で駆け足旅行しました。

チハルちゃんと初めて会ったのは去年9月の終わり
ヴィッラ サン ジョバンニの駅。
とっても可愛くて小さくて細くて、
今まで会った事の無いタイプの女の子でした。
それから3ヶ月、同じリストランテで働くうち
だんだんと顔つきが変わってきて(太ったとかじゃなくてね)
強くなったなーと。
3人兄弟、長女の私と
3人兄弟、末っ子のチハルちゃん。
最後には姉と妹になってました。


アマルフィをブラブラ。
e0129137_10191576.jpg

海を背に奥へ奥へと歩いていくと、
e0129137_955219.jpg

突然現れたPresepe(プレゼペ)
自然の岩を利用した大きなものでした。
e0129137_10202584.jpg

お腹が空いてきた頃
その辺を歩いていた地元のおじさんっぽい人に質問
「この辺で安くておいしいトラットリアはどこですか??」
こうやって地元のおじさんに聞くとおいしい所を教えてもらえる可能性が高いのです。

おじさんに教えてもらったトラットリアでプランツォ。
e0129137_10235684.jpg

女性がひとりで切り盛りをしていたのでかなり待ちました・・・・
青い魚はお手拭。
e0129137_102647.jpg

前菜は魚介のマリネと魚介のサラダを半分ポーションずつお願いしました。
e0129137_10282995.jpg

せっかくだしコレも。
モッツァレラとプロシュット。
e0129137_10293484.jpg

イタリアに居ても意外と食べる機会がないんですよね。
e0129137_10303830.jpg

タコのサンタルチア風。

次の日、私とチハルちゃんはナポリで衝撃のピッツァに出合ったんですねー。
今でも忘れられないです。


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-13 10:53 | Campania

はじめてのトレ フォルケッテ。

ガンベロロッソで3フォルケッテ(フォーク)のリストランテで初めての食事。
ガンベロロッソはイタリアのリストランテ格付け本で
リストランテを1~3のフォークであらわします。

2フォルケッテのリストランテで食事をした事は何度かあるのだけど
3フォルケッテは初めて・・・
何だか敷居が高い気がして。

と言っても食べに来たのは
昨日まで約週2間働かせてもらっていた
ristorante oasis-sapori antichi 
リストランテ オアシス-サポーリ アンティーキ。
(HPはコチラ注:音が出ます♪♪)

昨日まで厨房で作っていた料理
厨房で見ていた料理
厨房で味見していた料理が
どのようにサービスされているのか見てみたかったのです。
e0129137_046790.jpg

まず席に着いてスプマンテを飲みながらメニューを選びます。
e0129137_0465486.jpg

女性に出されるメニューには値段が書いてありません。
お金は男性が払うもの・・・だそう。
e0129137_0473937.jpg

Buon inizio
お通し的な一皿。
ほうれん草とジャガイモのピュレ、スカモルツァのクロケッタとセミドライトマト。
昨日まで騒がしい厨房で見飽きるほど仕込んでいたもの
こうやってエレガントな空間で目の前に出てくると
全く違うものに見えて・・・感動。
e0129137_0481878.jpg

Le scarole con uvetta, pinoli e bottarga di tonno
前菜に選んだ
スカローレ(レタスの様な野菜)とレーズン、松の実、ボッタルガのズッパ(スープ)。
ボッタルガの塩気とレーズンの甘味、松の実の香ばしさが
混ざると絶妙でした。
e0129137_0502667.jpg

ワインはこの辺りのものでタウラジ。
e0129137_0515293.jpg

Le lasagnette alla genovese di vitello
             con profumo di cannella

子牛のジェノベーゼ(子牛と玉ねぎとコトコト軟らかくなるまで煮たソース)を
ラザニア仕立てにしたもの、シナモンの香り。
ほんのり甘くて子牛はとっても軟らかく
めちゃめちゃ美味しかったです!!
全部食べたかったけど
セコンドもドルチェも食べたかったので四分の一残しました。
e0129137_0532548.jpg

Il filetto di maiale
  con peperoni all’aceto e caramello salato all’arancia

豚のフィレ肉をいい感じに焼き
酢に漬け込み軽く発酵させたペペローニとオレンジ風味のしょっぱいカラメル添え。
私の大好きなほうれん草とドライトマトのサラダ モストコット風味を
付け合わせとしてだしてくれました。

もう何にも食べれないくらい
お腹一杯だったけど
どうしても自分の作ったドルチェをこの空間で食べてみたかったので
胃にちょっと隙間を作って注文しました。
e0129137_054794.jpg

Il cremino al panettone con torrone
パネットーネ入りのクレミーノ(軟らかいパンナコッタ)とトッローネ。
e0129137_055769.jpg

La piccora pasticceria e sherry
お茶菓子とシェリー。
e0129137_0565827.jpg

La concentrazione di caffe con gelato al caffe
ぎゅっと濃縮したカッフェのフォンダンショコラ カッフェのジェラート添え。
一番小さいドルチェを選びました・・・・
熱々のフォンダンショコラと冷たいジェラートが混ざると
これまた絶妙。

厨房で数をこなしていると
一皿一皿に対する気持ちが薄れがちだけど
こうやってエレガントな空間で目の前に出された一皿一皿は
感動の連続。

自分の気持ちを確かめるためにも
一皿一皿の重みを知るにも
客として食べる事はとっても意味があるなと改めて実感。

そしてこんなすばらしいリストランテで働けた事
イタリアの温かい家族に出た得た事
とっても嬉しくて誇りに思います。
e0129137_0581115.jpg

〆はカッフェで・・・
どうやら私向けに日本の国旗を意識した色のカップとソーサーで。
e0129137_114782.jpg

Non ce la faccio piu...
もう無理...。と言いながら家に帰りました。


明日、昼過ぎのバスでローマに向かいます。
さみしくなるなぁ。

最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです
     ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-06 01:07 | Campania

あけましておめでとうございます・・・

遅くなりましたが
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします・・・。

ナターレにオアシス(去年の冬にお世話になったカンパーニャ州のリストランテ)来て以来
毎日がとっても忙しく過ぎ
去年の事は去年のうちに書いてしまいたかったのに
あっという間に年を越してしまって・・・もう3日目です。

と言うのもめちゃめちゃ働いてます。
朝の8時から・・途中2時間ほど休憩があるものの夜中の12時まで。
私の来たタイミングが悪く(リストランテにとっては良かったのですが)
全くの人手不足で
なぜかアンティパストとドルチェをひとりで担当する事に・・・
本当はパスタ(ココのパスタはとっても美味しい)を見たかったのに全くそんな余裕がなく
せっせと働いてます。


イタリアはナターレを家族や親戚が集まって過ごし
年越しはイベントのひとつとして友達とパーティーをしたり
ディスコやレストランでカウントダウンをして盛り上がる人が多いのではないかと思います。
全く正月の雰囲気はなく
町はまだナターレの飾付けのまま。
このせいで年を越した気がしないのかも知れないです・・・
日本だとナターレが終ると一晩で正月の飾付けに変わりますよね??

私もナターレはイタリアの家族と過ごしました。
24日の夕方、オアシスに到着
夕食を妹シェフ(2姉妹シェフ+3兄弟カメリエーレの5人兄弟)の家でいただき
25日のランチは総勢21人でテーブルを囲み楽しいひと時を過ごしました。
5人兄弟がそれぞれ結婚して子供が居るので大人数になります。
子供達も上は27歳から下は2歳まで11人
はじめは名前を覚えるのが大変でしたが今では完璧です。当たり前ですが。
e0129137_342066.jpg

当日は朝8時からリストランテの厨房で準備をしました。
仕切るのはシェフ、広いリストランテの厨房なのであっという間に準備は終わり
いったん家に帰って着飾って集合です。
写真は私の担当した前菜で
スカローラと胡桃、ドライトマトのサラダ、モストコット風味を用意しているところ・・・
野菜の味がしっかりしてとっても美味しかったです。
e0129137_3453715.jpg

前菜の三種盛りからスタート。
e0129137_347288.jpg

プリモピアットはこの辺りでナターレに食べられる
ラザニア ヴァッレサッカルデーゼ。
私はボロネーゼより断然美味しいと思う。
e0129137_3482197.jpg

セコンドピアットは子羊とジャガイモのグリル
子牛のインボルティーニ・・・だったと思うのですが
1週間以上たったので記憶があやしいです。
いっぱい食べて笑って帰る頃には夕焼けが・・・。

去年のナターレもココで過ごしたのですが
去年と違うのはおじいちゃんが居ない事。
半年前に亡くなりました。
今でもみんな思い出しては泣いていて
ナターレの食事も去年より大分品数が少なかったし
テーブルコーディネートも質素、ツリーもプレゼント交換も無しでした。
喪中のような感じでしょうか??

悲しいことばかりではなく
オアシスは2010年のガンベロロッソでなんと三本目のフォークを取ったのです。
ガンベロロッソとはイタリアのリストランテの格付け本で
ミシュランの星に対してフォークの数でリストランテの評価をあらわします。
3フォルケッテ(フォーク)は最高の格付けです!
そんな事もあってとにかく忙しいのです・・・


落ち着いたらまたココでの出来事
アマルフィの事、ナポリの事・・・色々書いていきます。

不定期更新のブログですが
たまにのぞいてもらえたら嬉しいです。
今年もよろしくお願いします!!

最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです
     ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-03 01:46 | Campania

ナポリのピッツァはやっぱり美味しかった。

アマルフィの事も書かないといけないのだけど写真の整理が追いつかないので
後回しにして飛ばして行きますねー。

今日はナポリをブラブラ、
ブラブラした内容も後回しにして
ひとまずナポリで食べたものを紹介。
e0129137_920330.jpg

ナポリ1泊目のホテルでの朝ごはんがちょっとがっかりだったので
2日目の朝は近くのバールで朝ごはん。
e0129137_9211142.jpg

お勧めのDolce napoletana(ナポリ菓子)とカプチーノ。
e0129137_9225455.jpg

ほんのり温かくって
レモン風味のリコッタのクリームがたっぷり詰ってます。
ふんわりしてるのかと思いきやずっしり重く
甘ったるいのかと思いきや甘さ控えめ
ペロっと食べれちゃいました。

ナポリに来たらやっぱりピッツァでしょー。
てな訳でガンベロロッソにも載っている有名な老舗ピッツェリアの『da michele』へ。
が、『da michele』には長蛇の列・・・次への移動もあって待ってられない
諦めて斜め向かいにあるピッツェリアへ。
e0129137_925154.jpg

生地がフカフカしててモッチモチ。
ピザの生地かこんなに美味しいと思ったのは初めてです。
e0129137_9292771.jpg

このマルゲリータは
今まで食べてたピッツァは何だったんだろーと思うほど
衝撃の美味しさでした。
また改めてピッツァを食べにナポリに来なければ!

ピッツァの余韻に浸りながら
ナポリ駅前からフォッジャ行きのプルマンに乗り
ヴェスヴィオ火山を眺めていると
しばらくしてタウラージのカンティーナが数件見つけることが出来ます。
大きな風力発電の風車が見えてきたら近付いた合図。

夏のフェリエ中、オアシス(去年の冬を過ごしたリストランテ)に来た時
『ナターレに戻っておいで、電話一本すればいつ来てもいいんだよ。』と言われていたので
本当に来ちゃいました。
ここの家族とナターレは過ごします。

ではではみなさんもBuon natale・・・


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです
     ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2009-12-25 10:00 | Campania

ソレント発、断崖絶壁バスの旅。

ナポリからヴェスヴィオ周遊鉄道に乗って1時間
ペンペイを過ぎオレンジとレモンの木の間を抜けるとソレントに到着。
ナポリ民謡『Torna a Surriento~ソレントへ』で有名なソレント。

そこから世界で最も美しい海岸線のひとつとして
ユネスコ世界遺産に登録されている
Costiera amalfitana(アマルフィ海岸)を走る長距離バスに乗り込みました。
バスは細い道をクネクネ進みます。

右を見ても左を見ても常に変わる景色。

ハッとするほど綺麗な色の海が見えたかと思えば
オリーブ畑や柑橘系の果樹園が現れ
生活感あふれる漁村を通り抜けると
高級リゾートホテルが現れ
海にぽっかり浮かぶ小さなしまには古い教会が見えたり
とにかく次から次へと変わる景色。
e0129137_7591039.jpg

全く飽きることなく1時間半ほど窓になりついてました。
e0129137_7563128.jpg

このバスは観光客ももちろん多いですが
周辺に住む人たちにとっては生活の足、
何にも無さそうな所でもバス停があり買い物袋を持った人たちが乗り降りします。
e0129137_7403063.jpg

住むには交通の便が悪すぎます・・・
そのせいで自然が手付かずの状態で残っているのかも。
e0129137_80214.jpg

ポジターノ。
ソレントから40分ほど来た所。
e0129137_811270.jpg

更に50分ほど進むと・・・
e0129137_815995.jpg

アマルフィ到着!!!


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです
     ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2009-12-24 08:30 | Campania

魚料理を求めて・・・サレルノに行きました。

以前にも触れたようにココで食事は肉ばかり
魚と言えばバッカラです。

もう肉やらバッカラは嫌だー
と言う訳で、昨日の休みに張り切って朝5時半に起き
4回バスを乗り継いでサレルノSalernoに行きました!

家を出た時は吹雪いていたのですが
サレルノは晴れてるはず!と信じて始発のバスに乗りました。
イタリアの不親切なバス案内に何度も不安にさせられながら何とかサレルノ到着!
e0129137_2201128.jpg

街路樹はミカン!
e0129137_755241.jpg

冬の海には誰も居ませんでした・・・。

今回の目的は何と言っても魚。
3時間歩き回って良さげな店を探しました。
やっぱりサレルノは夏に行くべき街なんでしょうか?
観光客らしき人は居ないしレストランもヤル気が無さそうな雰囲気。
そんな中、ちょっと良い感じの店を見つけたのが
偶然にもサレルノで唯一ガンベロロッソに載ってる店でした。

メニュー表は無くカメリエーレと相談して注文します。
そして念願の魚尽くしのランチが始まりました・・・
e0129137_7215938.jpg

前菜5皿(イワシのマリネ、イカの煮物、ゼッポラなどが少しずつ)に続いて
プリモ2皿、セコンド1皿・・・久々の魚介類を堪能しました~

きっと夏はヴァカンツァに来るイタリア人や外国人観光客でごった返し
今はオフシーズンの街。
歩いている人は明らかに住人ばかり、
細い路地に入ると、とっても生活感があって素敵な街でした。
[PR]
by tothuko | 2009-02-14 07:36 | Campania


トツです。約3年のイタリアど田舎生活後、日本の田舎から送る95%食日記。


by tothuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク・お知らせ

   ブログ

Tomoconeさん
(シチリア在住)
かたつむりの国だより*イタリア料理留学記

はつちゃん
(プーリア在住)
"Colori,sapori e gusti"

kogashiさん
野望を抱くイタリア料理人のPhoto Blog

Koudaiくん
Andiaaamo!!!!

Junちゃん
転食日記ブログ2

(mstk)a³さん
Tia Loca

Yusukerinoさん
Verso domani~明日に向かって~

Hiroちゃん
(パリ在住)
フランス jouer ! melodie a lumiere

Vinobiancoさん
食いしん坊の日記

ナカムラさん
ナカムラのブログ。「ナニシテナニタベタ」

よっしー
魅惑のよっしー。花嫁修業日記。

thistimelastyearさん
Viajero de la butaca

さだみ店長
さだみのぼやっきー?

如月さん
フェブリエの花日記

   HP

日欧商事
ホームページ
イタリアブログリンク集

パオロ先生のイタリア語教室
あびちイタリア語学院

さだみのセレクトショップ
セレクトショップ クロス

直島
旅行口コミ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

最新の記事

瀬戸内満喫3日間・2~3日目。
at 2011-10-01 20:18
瀬戸内満喫3日間・1日目。
at 2011-09-25 09:31
空港
at 2011-09-05 23:41
何年ぶり?花火大会
at 2011-08-26 16:10
ナスのパルミジャーナ
at 2011-08-21 13:10

カテゴリ

全体
学校編@Jesi
仕事編①@Casteldimezzo
仕事編②@Vallesaccarda
仕事編③@Bagnara calabra
仕事編④Serravallelanghe
Trentino alto adige
Piemonte
Toscana
Umbria
Marche
Liguria
Puglia
Campania
Calabria
Sicilia
フランス
福山・日々の事2008
京都・日々の事2008
東京日記2008
留学準備~出発
一時帰国2009 春
イタリア旅日記2009 夏
イタリア旅日記2009 秋
一時帰国2010 冬
ヴァカンッァ2010 初夏
Il Grappolo
1年前の今日は何してた?
トイプー♀モカちゃん
お出かけ
お知らせ
はじめに
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
more...

その他のジャンル

検索

ライフログ













ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧