カテゴリ:Calabria( 8 )

パスクワのお菓子。

イタリアでPasqua(パスクワ/復活祭)を過ごすのは初めて。

Pasquaはキリストの復活を祝うお祭りで
Natale(ナターレ/クリスマス)に続いての一大家族行事の様です。

今年は4月4日。
e0129137_2325391.jpg

Pasquaに食べられるドルチェで有名なのは
鳩の形をした名前もそのままColomba(コロンバ/鳩)と呼ばれるドルチェ。
( ↑ そうは言ってもなかなか鳩には見えません・・・)
食べた事は無いけどNataleに食べられる
パネットーネと同じ様なものだそう。

写真はミラノのショーウインドから・・・
手の平サイズのColombaで、
Colombina(コロンビーナ)と書いてありました。
この位の大きさなら欲しいかも??
e0129137_2146313.jpg

またまたミラノのショーウインドから・・・
チョコでコーティングされマジパンの動物達が飾られたもの。
e0129137_21464214.jpg

かわゆいです。
こんなのは都会ならではかなと・・・
ここに来るまでに通ったバニャーラとナポリのショーウインドは
全体的に茶色くて華やかさには欠けてたかな?


その他に最近よく見かけるのが
Uovo di Pasqua(パスクワの卵型チョコレート)
日本でも有名なKinder Surprise(キンダーサプライズ)の卵型のチョコレートで
中におもちゃが入っているものの
大きい版でしょうか?
e0129137_2319194.jpg

ここのは絵が描いてあるけど一般的なのはキラキラした包装紙で包んであって
中は見えない物が多いかな?

卵はPasquaのシンボルの1つで
料理にもよく使われるそう。


イタリアに着いてローマ、ミラノ、ナポリと大きな都市を何度か通ったけど
そのどこでも見かけずバニャーラに着いて以来
Pasticceria(パスティッチェリア/お菓子屋さん)のショーウインドウで
やたら見かけたナゾのドルチェ・・・
e0129137_8471832.jpg

Agnellino(アニェッリーノ/子羊)の形をしたマジパン細工で、
以前、紹介したマジパンの果物や野菜細工と生地は同じ。
(以前の記事→

話によるとシチリアやカラブリアで見られるドルチェだそう。
『どうやって食べるの???』って聞くと
『こうやって輪切りかな??』とシッポの方から切るゼスチャーをしてくれました。
確かに頭の方からは切りにくいですよね・・・

売っているPasticceria(パスティッチェリア/お菓子屋さん)によって子羊の表情は色々、
見て回るのも面白いです。
e0129137_931192.jpg

形はだいたいどこでも一緒、
違うのは目です。
人も目によって印象が変わりますよね、
この子羊だって二重だったり眉毛があったり、ツリ目やタレ目・・・
表情が豊かです。
e0129137_232069.jpg

なんとプレゼントしてくれました。
この子は凛々しい顔をしています。

ここのPasticceriaではNataleの時少しお手伝いをした(その時の記事→)ので
そのお礼も兼ねてと思います。

この子羊を作っている生地を味見させてもらいました。
アーモンドと砂糖を練ったマジパン生地で、
まだ軟らかく、ほんのり温かかったです。(時間がたつと固くなります。)
前に他の所で食べた時は苦手な味だったけど、
ここのは結構いけてて、熱いお茶が欲しくなる味、
和菓子と言われたら信じてしまいそうな味でした。

イタリアも北から南までPasquaに食べられる伝統料理もお菓子も色々。
アルバのPasticceriaではとっても華やかなお菓子が並んでました。



最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-04-02 09:04 | Calabria

Scillaでアペリティーボ。

昨日は昼ごはんを食べ過ぎて夜になっても全くお腹が空かず
中途半端な23時ごろ小腹が空きました・・・
e0129137_8101622.jpg

店に行くとシェフがこんな感じで用意してくれて
ちびちび飲みました。

3月最後の週の日曜の深夜2時に時計の針を一時間進め夏時間に変えます。

シェフの甥っ子・ヴァレーリオに『今夜は1時間進めないとねー』と話すと
『これから踊りに行くのに・・・
1時間踊るのが短くなるじゃないか。』とかなりショックを受けてました。
イタリア人でもうっかり忘れる人は多いみたい。
だから土曜~日曜にかけての深夜に変わるのです。
さすがに、いくらうっかり忘れていたとしても日曜の間に気付くだろうって感じですかね?
平日だと大混乱になりかねません。

何度も何度も行った大好きな海の上の町Scilla

過去の記事
Scillaの海。
◆やっぱり遅い夜。
◆海面に建つ家を正面から見たい。
◆友達が来たら、やっぱりScilla。

ブログに書いた以外にも何度か行ってます。

今回もJunちゃんとも行って来ました。
ただ日曜だったせいで電車が極端に少なく
どうしても朝9時の電車に乗らないといけなかっただけど(次の電車は夕方!)
いつっもの時間の流れだと9時の電車に乗るのに1時間前に起きればいいのに
今朝はいつもより2時間前に起きないといけなかったのです。
とっても損した気分・・・でも冬時間に変わる時には1時間得してるからしょうがないです。

軽い時差ぼけと言うか寝不足のままScilla
Junちゃんも気に入ってくれて良かった。

小さな町を端から端まで歩き
やる事がなくなっても帰りの当分電車もなく
13時半の電車をひたすら待ちました。
e0129137_4241754.jpg

あまりに暇で岩の上に建つ城を見ながらAperitivo(アペリティーボ/食前酒)・・・
ポカポカ温かいのと波の音
寝不足もあって
まったりし過ぎ数少ない電車を危うく逃しそうに!
危ない危ない次の電車は夕方です。

やっと電車の時間が来て無事Bagnara
10分で着いてしまうのに拍子抜けです。あんなに待ったのに・・・
またまた私の働いていた店に食べに行きました。
今回は初めてお客さんとして正面入り口から入り食べさせてもらいました。
e0129137_8375637.jpg

そして夜も
お客さんが帰って空いた席に座らせてもらい
ちびちび飲みました。
シェフは毎回違うワインを色々開けてくれて毎食1本飲んでいた私達、
昼はトレンティーノの赤、
夜はシチリアの赤、
AperitivoDigestivo(ディジェスティーボ/食後酒)も飲むので
食後はよく眠れます・・・

ここに来て以来、食べて飲んで寝る・・・その繰り返し。
『いつも顔が赤いじゃないか。』と言われる始末。

来週からはちゃんと真面目に働きたいと思います。

最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-03-29 04:32 | Calabria

のんびり南の昼ごはん。

Junちゃんが遊びに来てくれました。

15時10分に駅に迎えに行き
私の働いていた店で昼ごはんを食べました。
e0129137_439786.jpg

食べ終わった頃にはこの夕焼け。

明日のPranzo(ランチ)を予約していたので遠慮したのだけど
ちょうど席が空いたのでホールでお客さんとして食べさせてもらいました。
私達が席に着いた15時半の時点でまだ昼ごはんを食べているお客さんでいっぱい。

今日はシェフにお任せで・・・
e0129137_4413847.jpg

■Fritelle di cozze
Cozze(ムール貝)のフリッテレ
Zaziki(ザジキ/ギリシャヨーグルトとキュウリ、ニンニクのサラダ)添え。
ワインはボトルでシチリアの白。
e0129137_4425120.jpg

■Carpaccio di alalunga
Alalunga(ビンチョウマグロ)のマリネ、
トロペアの赤玉ねぎとの相性がいいです。
e0129137_44584.jpg

■Formaggio "feta" saganaki
Feta(フェタ/ギリシャのチーズ)のSaganaki(サガナキ/ギリシャ語で小さなフライパン)
熱々にとろけたフェタとトマトの相性が最高!
パンが進む進む。
e0129137_448305.jpg

■Agniollotti con zucca e funghi
リコッタチーズのAgnollotti(アニョロッティ/ラビオリの一種)に
かぼちゃとポルチーニのソースを合わせて。
やさしい甘さのかぼちゃのソースがリコッタチーズの甘さと合って
とろけるおいしさ。

これ以上食べれない、
と、ここでストップをかけました。
e0129137_450528.jpg

■Semifreddo alla gianduia
もうお腹いっぱいだったけど2人でドルチェを半分こ、
これは別腹です。
Gianduia(ジャンドゥイヤ)のセミフレッドに温かいチョコレートソースがかかっていて
お腹いっぱいでも入ってしまう、危険な一皿。
e0129137_4523246.jpg

Limoncello(リモンチェッロ)とRum(ラム)、
Caffe(カッフェ)で〆。

外に出る頃には17時・・・
のんびり南時間の昼ごはんでした。

夜も食べに来る約束をしたので
小さな町を歩き回ってお腹を空かせました。ふぅ。


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-03-28 05:23 | Calabria

なつかしの味。

なつかしい味との再会・・・
e0129137_8594158.jpg

濃い濃い味のPomodorini(ポモドリーニ/プチトマト)
いつもお腹がタプタプになるまでつまみ食いをしていた思い出の味。
e0129137_904810.jpg

近所のおばちゃんが漬けたOlive(オリーブ)
ほろ苦くて止まらない味。
e0129137_921086.jpg

いつものBar(バール)
Biscotto(ビスコット/クッキー)と Caffè macchiato(カッフェマッキアート)が
いつもの組み合わせ。
e0129137_925783.jpg

裏庭のMandarini(マンダリーニ/みかん)
壊れそうなハシゴをよじ登って食べました。
e0129137_94116.jpg

忘れちゃいけないマンマ・マリアの料理。
これはAvgolemono(アブゴレモノ/ギリシャ語で卵とレモン)
名前の通り卵とレモンのスープでお米がたっぷり入ってます。


ああ、なつかしい。


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-03-27 09:23 | Calabria

海面に建つ家を正面から見たい!

2週間ほど前でしょうかScillaに行きました。

海面ギリギリに立つ家を見て感動したものの
正面から見たいと何だか心残りでした。



そこでミンモに話したところ
正面から見るには船で行くしかない、と。

船は又の機会にと
昨日の休憩中に車でscillaに連れて行ってもらいました。
普通なら5分で着く道が工事中で大回りの為30分以上かかって到着。
e0129137_015744.jpg

前に来た時は向こう側の丘の上の城の辺りから見てたんですね。
e0129137_04080.jpg

あれは、憧れのカジキマグロ漁船!!
他に無い奇妙な形です・・・。

海の上に立つ家の裏道を散歩。
e0129137_053962.jpg

町中あちこちにカジキマグロがデザインされてます。
e0129137_065419.jpg

車がある家に駐車場があるように
家と家の間には船を泊めるスペースが。
e0129137_095531.jpg

海は生活の一部です。
e0129137_0114694.jpg

そうして着いた撮影スポット。
e0129137_0132543.jpg

何度見てもすごいですねー。
ギリギリです。
e0129137_0151479.jpg

小さな港・・・
よーく見るとカジキマグロ漁船が泊まってるじゃないですか?!
大昔から変わらない形だと言うこの漁船。
とってもバランスの悪い不思議な形をしています。

2年程前、『世界ウルルン滞在記』で俳優の方(名前は失念)がシチリアで
この漁船に乗ってカジキマグロ漁を体験したのを日本で見ていました。
その船が目の前に・・・もっと近くで見たいと走って近付きました。


次回、このカジキマグロ漁船にぐっと近付いてレポートします・・・。
[PR]
by tothuko | 2009-06-21 00:17 | Calabria

Scillaの海。

ココでの私の主な交通手段は海岸線を走る電車です。

レッジョやシチリアに向かう電車の中から見て
気になっていた町Scillaに行って来ました。
リストランテで出している食後酒の一つAmaro scillaの町でもある・・・はず。


私の住む町から電車で2駅。
切符も1ユーロで買えました。

着いたらとりあえずビーチへ!
e0129137_2255125.jpg

右を向くと古い城が。
e0129137_22553989.jpg

左は切りたった山が。

私が見たかった景色を求めて山道を登りました。
e0129137_2313553.jpg

だんだん見えてきた。
e0129137_2322650.jpg

この海の色は写真では伝わらないのが残念。
e0129137_23325.jpg

空も高い。
次に目指すは向こうに見える城。


e0129137_235078.jpg

この屋根の感じはすごくジブリっぽい。
e0129137_042589.jpg

それにAmaro scillaのエチケッタと同じ・・・
e0129137_2382227.jpg

さっきまで居たのはあっち側。

e0129137_23132218.jpg

小高い丘の上にある城を越えると
また違う湾が現れ
そこには海面ギリギリに立つ家が・・・
私が見たかったのはコレ。

電車の中から見るともっと正面から見ることが出来、
まるで小さなチンクエテッレ(リグーリア州)のよう。
この町に入り込んでみたかったけど夜はシェフと食事の約束があったので
また次回。
e0129137_23122493.jpg

ずっと向こうに見えるのが私の住む小さな町。

州の面積15080k㎡
内陸部は山岳地帯
平野部は9%しかないカラブリアの地形がよく分かる。
[PR]
by tothuko | 2009-06-11 23:08 | Calabria

たまねぎの町トロペアをブラブラ。

もう随分とココに住んでるような気がしていたけど、今日でちょうど1週間です。
なんとも濃い1週間でした。


初めての休みは今日、明日と連休。
ココの電車事情も知らないといけないので電車に乗って近くの町に行ってみることに。
駅の券売機は数年前から壊れてるらしいので
近くのバールで切符を買います。
「トロペアまで。」
距離を調べて
「60キロだから3.10ユーロね。」
と言った具合。

電車に乗る時は忘れずに黄色い刻印機でガチャっと刻印しないと
検札が来た時に罰金を取られるのですが
ココには刻印機も無かった。
で、どうするのかとその辺に立っていた駅員さんに聞いたところ
切符を受け取って事務所に・・・カレンダーを見て日付をチェックして手書きサイン。
e0129137_324228.jpg

刻印機を置くつもりがないならハンコくらい用意したらいいのになー

着いたのがトロペア!
e0129137_331425.jpg

どこまでも広がる緑に近い澄んだアオ。
e0129137_301976.jpg

santa maria dell'isola
むかしむかしは海に浮かぶ教会だったらしい。
e0129137_3141261.jpg

この海を見ているとその姿は想像できる。

駅に着いた頃から北ヨーロッパ辺りからの旅行客らしき人達が多く見られた。
「後1ヶ月もすると掻き分けないと歩けないくらい旅行客が来るよ。」と町の人。

いつもの様に何も下調べをしてなかったので
ひたすらぶらぶら。
知らないおじさんにビールをご馳走になり
またぶらぶら。
e0129137_3152250.jpg

海に切立った断崖の上の町、
家なのか壁なのかよーく見ないと分からないかも。

手で絵付けをしたテラコッタ屋さんがあったので
かなりの時間を使って隅から隅まで見ました。
「あの子まだ見てるよ。」なんて言われても気にしない。
一つ一つ手で絵付けがしてある分、
同じ物でも色の濃淡が違ったりして私には全く違う物に見えるのです。
選びに選んで小物のから大きい皿までけっこう買いました。
で、まけてもらった上、皿を1枚もらいました。
帰りはとっても重かった。
e0129137_20133794.jpg

その一部でレモンの皿とオマケでもらったレモン顔の皿。

トロペア駅の券売機も壊れていた・・・。
途中乗換えで降りた駅の電光掲示板に表示されてる電車半分以上は
1時間半から2時間の遅れが。
e0129137_31541.jpg

ここは南イタリアなんだ。
[PR]
by tothuko | 2009-05-19 03:03 | Calabria

到着、カラーブリア。

ユーロスターがナポリを通過した時
「今、ちょうどナポリを通過しました。」と迎えに来てくれるシェフにメールを送った。

と、言うのも時間通りに走らないイタリアの電車、
この時点で予定より15分遅れていると車内放送があった。

その後も定期的にシェフから「今どこ??」というメールを受け、
私はずっと外を見ていて通過した駅を報告した。
イタリア人にしてはマメな人だなーと思っていたのだけど
結局、指定された駅に着いた時に「ごめん。遅れるよ。」とメールが・・・
やっぱり30分ほど待ちました。

ニッサンの四駆で登場したシェフは、とっても穏やかで私に分かりやすいように
ゆっくりと丁寧にイタリア語を話してくれました。

海岸線を走っていると暗闇の向こうにキラキラ光る大きな島が見える、
まだ行ったことの無いシチリアです。
こっちに向かって来ている大きな軍艦の様でもあり、
世界を旅するきらびやかな豪華客船の様にも見えた。

初めて見たシチリアは大迫力だった。
シチリアまで通勤してる人もけっこういるほど近いそう。
私が足を踏み入れるまで、そう遠くはないかなと思った。

その後、シェフの友達の双子の子供の誕生日会があるとの事で着いて行き
双子のお父さんがシチリアから買ってきた馬肉や羊肉をバルコニーで炭火焼きにしました。
小高い丘の上にあるシェフの家に着いたのは深夜0時。

長い長い1日でした。
e0129137_21332134.jpg

朝、すっきり晴れてないのでシチリアは見えませんが、
海岸線に広がるのが、これから私の住む町。
ぼんやりと眺めているとシェフが庭から1本のバラを摘んでくれた、
e0129137_21352871.jpg

受け取る時、思いっ切りトゲの所を握ってしまった・・・。

シェフと朝ごはんを食べに町に出て
毎週火曜日の午前中にたつと言うメルカート(市場)に行って仕事用の靴を買ってもらった。
過去に住んでた町でもメルカートは利用していたけど
週に1回のメルカートで町の人達は服、靴、下着、文房具に日用品やら食品まで揃えていて
その光景は便利な日本ではちょっと想像できないかも??

その後もスーパーで
いい匂いのする液状洗濯洗剤と洗濯桶
ハチミツの香りの乾燥肌用ハンドソープ
ランの香りの乾燥肌用ボディーソープに、ちょっと高そうなシャンプー
しばらく分のミネラルウォーターと豆乳
マッキネッタと呼ばれる直火式のエスプレッソを入れる道具とコーヒー豆
朝ごはん用の甘いパン・・・なんかを揃えてくれた。

ようやく着いた私の家、ベランダからはビーチが見え、もう泳いでいる人も。
これからやってくる本格的な夏に向けて海の家の工事中。

日本からずっと運んで来た荷物がやっと置けた。
早速、買ってもらった洗濯桶で溜まっていた洗濯物を洗い
部屋を掃除した。

いよいよ新しい生活が始まるんだなと。



だんだん晴れてきたので海を見に出てきます。
[PR]
by tothuko | 2009-05-12 21:30 | Calabria


トツです。約3年のイタリアど田舎生活後、日本の田舎から送る95%食日記。


by tothuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク・お知らせ

   ブログ

Tomoconeさん
(シチリア在住)
かたつむりの国だより*イタリア料理留学記

はつちゃん
(プーリア在住)
"Colori,sapori e gusti"

kogashiさん
野望を抱くイタリア料理人のPhoto Blog

Koudaiくん
Andiaaamo!!!!

Junちゃん
転食日記ブログ2

(mstk)a³さん
Tia Loca

Yusukerinoさん
Verso domani~明日に向かって~

Hiroちゃん
(パリ在住)
フランス jouer ! melodie a lumiere

Vinobiancoさん
食いしん坊の日記

ナカムラさん
ナカムラのブログ。「ナニシテナニタベタ」

よっしー
魅惑のよっしー。花嫁修業日記。

thistimelastyearさん
Viajero de la butaca

さだみ店長
さだみのぼやっきー?

如月さん
フェブリエの花日記

   HP

日欧商事
ホームページ
イタリアブログリンク集

パオロ先生のイタリア語教室
あびちイタリア語学院

さだみのセレクトショップ
セレクトショップ クロス

直島
旅行口コミ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

最新の記事

瀬戸内満喫3日間・2~3日目。
at 2011-10-01 20:18
瀬戸内満喫3日間・1日目。
at 2011-09-25 09:31
空港
at 2011-09-05 23:41
何年ぶり?花火大会
at 2011-08-26 16:10
ナスのパルミジャーナ
at 2011-08-21 13:10

カテゴリ

全体
学校編@Jesi
仕事編①@Casteldimezzo
仕事編②@Vallesaccarda
仕事編③@Bagnara calabra
仕事編④Serravallelanghe
Trentino alto adige
Piemonte
Toscana
Umbria
Marche
Liguria
Puglia
Campania
Calabria
Sicilia
フランス
福山・日々の事2008
京都・日々の事2008
東京日記2008
留学準備~出発
一時帰国2009 春
イタリア旅日記2009 夏
イタリア旅日記2009 秋
一時帰国2010 冬
ヴァカンッァ2010 初夏
Il Grappolo
1年前の今日は何してた?
トイプー♀モカちゃん
お出かけ
お知らせ
はじめに
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
more...

その他のジャンル

検索

ライフログ













ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧