カテゴリ:Sicilia( 8 )

パレルモのトラットリアでマンマの味。

町をフラフラ歩いてる時に知り合ったカメラ屋のおじさんに
「この辺でパレルモ料理が食べれて、
安くて、地元の人で賑わってるトラットリアを教えて!」って事で
教えてもらったトラットリア。


南イタリアのランチにしてはちょっと早い時間に行ったので
開いてるかな~なんて覗いて見たら
すでに店の奥はおじさん達で賑わってました。
e0129137_0522595.jpg

ずらっと並んだ前菜。
ここから好きなだけお皿に盛ります。
「コレ何??何て言うの?」って会話も楽しい。
e0129137_053036.jpg

こちらが店の名前にもなってるピーナさん。


次から次に来るお客さんはおじさんばっかり。
やっぱりマンマの味だから???
e0129137_0555148.jpg

中まで入り込んじゃった常連さんっぽいおじさんとピーナさん。
みんなのマンマは大忙し。
e0129137_0574974.jpg

通りから見ると手前に新鮮な魚、奥に前菜が並んでます。
e0129137_102973.jpg

メインの料理はココから好きな魚を選んで
好きな調理法でお願いします。
e0129137_1191987.jpg

美味しい料理を作るマンマの後姿。

好きな前菜を盛り付けて
飲み物を注文し席に行くと、
e0129137_12158.jpg

無造作に置かれたフォークとナイフ
注文したシチリアの白ワインに
バケット丸1本用意されてました。

決して豪華な料理ではないけど
ホッとする味。

前菜を食べ終わった後
「パスタは何があるの??」と相談。
e0129137_1244378.jpg

5~6種類あった中から選んだ
アサリとムール貝のスパゲッティ。
シンプルだけど、しみじみ美味しい。
e0129137_12818100.jpg

看板もメニューも無い
市場の外れにあるピーナお母さんのトラットリア、
写真には写ってないけど左側に厨房あります。




実は他にもガンベロロッソで見つけた1エビのトラットリアにも行ったのだけど
なんだかイマイチで・・・
やっぱり美味しい店は地元の人に聞くのがいいですね。




↓↓最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです↓↓
ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2009-11-07 01:02 | Sicilia

パレルモの港。

次回はマンマのトラットリアでーす。
なんて予告をしておきながら話は反れます。



パレルモをぐるぐる回りすぎてちょっと疲れた頃
海が見たくなり、きっとあっちが海だろうと思う方に歩きました。

あれは・・・船?
いや、ホテル??
e0129137_1573385.jpg

いやいや船だ!と。


なんと
パレルモで一番テンションが上がった瞬間でした。
e0129137_211102.jpg

こんな大きな船見た事がない。

どこに行くんだろう??
きっと世界中を回ってるんだー
なんて考えると思うとわくわくしてしまう。
e0129137_2125598.jpg

当たり前だけど・・・浮いてるし!

マンションがそのまま海に浮いてるみたい。
ベランダに出て普通に洗濯干してる人もいました。

地中海を回ってる船が泊まるまる他、
ナポリ、ジェノバ、サルデニア島のカリアリ行きの船が出るそう。




この大きさはどうやったら伝えられるのでしょうか??


↓↓最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです↓↓
ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2009-11-06 02:21 | Sicilia

パレルモ散歩。

朝7時発の電車に乗って港に向かいました。

予定通り行くと電車→船→電車と乗り継ぎ
12時半にはパレルモ着のはずだったのに、
港のバールでのんびり朝ごはんを食べてると
船が予定時刻より早く出てしまった・・・らしい。
なんで?
いきなり、ここで2時間も待つ事に。

港まで時刻表を見に行き
切符を買いにタバッキに行き
朝ごはんを食べにバールへ行き
港に戻った時には船が出てしまっていて
慌てて次の船を捜したり
と、あっちへこっちへウロウロしている私が
どうも怪しかったらしく
1人の警察に声を掛けられました。

「君はさっきから何をしているんだ??」と。
いやー船が予定時間より早く出てしまったんだけど・・・なんで???
「でも君は随分早くからココに居るよね。」
そこのバールで朝ごはんを食べてたんだよ。
「朝ごはんはメッシーナに着いてから食べるべきだったね。はっはっはっ。」と、笑われ
次の船まで話し相手になってくれました、
と、言うより日本人と話をするのが初めてだったらしく
質問攻めに。

たくさん受けた質問の中でも印象的だったのが
「君は、ホンシュー、シコク、キュウシュー、ホッカイドー・・・どこの出身??」
え?ホンシュウですけど・・・。

こんな事を聞かれたのは初めてです。

なかなか面白い警察官と話してるうちにの船が到着しました。
今度こそは!と急いで乗り込みました。
e0129137_2263944.jpg

気を取り直して
ヴィッラ.サン.ジョバンニの港からシチリアのメッシーナに向けて出発っ!

メッシーナからパレルモまで電車で4時間弱、
海岸線を走る旅。
早起きや船のハプニングでかなり疲れていたのでひたすら寝てました。
たまーに目が覚めて見る景色はハッとするほど綺麗!
そしてまたウトウト・・・
e0129137_22192523.jpg

パレルモの駅前から真っ直ぐ続くvia roma(ローマ通り)。
交通量も人通りもとっても多く
カッポカッポと馬車を引く馬の蹄鉄の音が響いてます。
e0129137_2340356.jpg

教会、博物館、劇場と見所たくさん。
昔の人の生活が想像できるほど
古い町並みがそのまま残っていて
それがシチリアの強い日差しに照らされてとっても綺麗。
e0129137_23424877.jpg

が、華やかな表通りから一変
細い道は日の光も届かず、ちょっと怖い。
e0129137_22284216.jpg

こんな車がまだ現役で走ってる裏通り。
e0129137_22354943.jpg

朽ち果てた家が並ぶ。
e0129137_23443439.jpg

また違う小道に迷い込むと市場が!
e0129137_22451769.jpg

細い道の両サイドに小さな店が並んでました。
e0129137_22525819.jpg

なかなか美味、
サボテンの実。
e0129137_232294.jpg

イタリアでは柿をよーく熟させて
半分に切ってスプーンですくって食べます。
日本で食べたシャリシャリの柿が懐かしい・・・
ちなみにイタリア語でも柿=cachi=カキ、
カキは複数形で1個だとcaco=カコ。
e0129137_236526.jpg

こんな長いZucchine(ズッキーネ)初めて。
e0129137_23111053.jpg

話し出して止まらなくなったパン屋のおじさん。
e0129137_2314132.jpg

このおじさんの八百屋は市場に沢山ある八百屋の中でも
特に美味しそうな野菜が並んでいた。
e0129137_23164462.jpg

ちょっと店の中にお邪魔・・・
路地裏に店を構え15年、
1人で野菜を売り続けているそう。
e0129137_23473267.jpg

暗くなるとホクホクの焼き栗屋さんがあちらこちらに現れました。
イタリアでは焼き栗には赤ワイン。


次回は、
市場の中で見つけた地元客で賑わう
マンマのトラットリアを紹介しますね。
美味しかったなー。




↓↓最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです↓↓
ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2009-11-04 23:19 | Sicilia

3ユーロでシチリアへ。

日に日に暑くなっているカラーブリアから発信してます・・・。
あまりの日差しの強さに休みの日も夕方まで家にこもっている事が多くなりました。

そんなある日、一緒に働いている日本人のK子ちゃんとメッシーナに行く事に。
e0129137_0313736.jpg

本土のヴィッラ・サンジョバンニとシチリアの入り口メッシーナを繋ぐフェリー。
本土からシチリアに入る電車、シチリアから本土に入る電車の車両も乗客を乗せたまま
切り離されて船底に入れ運ばれます。
ヴィッラ・サンジョバンニ~メッシーナは20分くらいのはずが
この電車を出し入れする作業にすごく時間がかかってフェリーもよく遅れるし
もちろん電車も遅れる・・・。
橋を架ける計画がもう何十年もあるそうですが、いつになることやら。
e0129137_0343831.jpg

私の住む町からヴィッラ・サンジョバンニまで電車で1.5ユーロ。
ヴィッラ・サンジョバンニからメッシーナまでフェリーで1.5ユーロ。
フェリーの乗船料が微妙に値上げしてあるの分かりますか???
ちょっと前まで1ユーロだったんですね!

リストランテのみんなに「何にも無いよ~」と言われながら行ったメッシーナ、
一番の見所は・・・・このドゥオーモでしょうか???
e0129137_2323856.jpg

大聖堂、天井が素晴らしかったです!アラブ・ノルマン風だとか。
e0129137_2324118.jpg

大聖堂の左に金の動物達が何となく東欧風(行った事無いですが)の鐘楼、
こんなドゥオーモは他で見た事が無いです。
e0129137_23243570.jpg

第二次世界大戦で空爆をうけた後に再建された比較的新しい物だそう。

その後はアテもなくブラブラと歩き
e0129137_23321243.jpg

たどり着いた高台の教会からメッシーナ海峡と対岸のカラーブリア、
絶え間なく行きかう船を見ながらのんびり。

その後、サルメリア(ハム、チーズなんかを切り売りしてくれる店)で美味しそうなハムとチーズを買い込み
予定通り20分ほど送れて出発したフェリーに乗って無事本島に帰れました。
夜の10時過ぎた頃、K子ちゃんと
ハムとチーズ、シチリアの赤ワインを持って家の近くのビーチへ!
私達のサルミナイトは4時間ほど続きました・・・。
[PR]
by tothuko | 2009-07-17 00:51 | Sicilia

シラクーサ発、日帰り小さな町への旅③カルタジローネ。

シラクーサを朝7時前発のカルタジローネ経由ピアッツァ・アルメリーナ行きのバスで
陶器の町、カルテジローネへ。
この日はkogashiさんが前日に2日分の仕込みをバーっと終らせた事により
半日休みが取れたので一緒に行く事に。

朝早かったのでバスの中で爆睡。
イタリアのバスやら電車は基本的に車内放送がないので寝るにはちょっと注意が必要で
うっかり寝過ごしたらピアッツァ・アルメリーナまで行ってしまう事になる。
3時間ほど寝たら着いていた。

バスを降りたらそこはカルタジローネの駅前。
まだ陶器の町らしき雰囲気は全くなくチェントロ(町の中心)への表示もない。
方角も分からないので地図の上下を何度も変えて見ながらそれっぽい方へ。
e0129137_1292195.jpg

いよいよ陶器の町っぽくなってきた辺り、
マヨルカ焼きの装飾が組まれたサン・フランチェスコ橋。
e0129137_1362439.jpg

この町で絶対に見ないといけないのがスカーラ(階段)。
e0129137_1464177.jpg

遠くから見るとグラーションに少し近付くとモザイクに
e0129137_1473893.jpg

更に寄って見ると階段の一段一段にそれぞれに
違う模様の動物やら植物を描いたマヨルカ焼きが組み込まれているのが分かる。
e0129137_1482672.jpg

ゆっくり見ながら上る・・・(ただしんどいだけ。)
後で調べたところによると142段あるそう。
階段を一段上がるごとに微妙な踊り場のようなスペースがあり
すごく上りにくい。
この事はkogashiさんもブログに書かれてます。こちらの記事。
e0129137_7351064.jpg

左右に陶器屋が並んでいてちょっと覗くふりをしつつ休憩。
e0129137_7395863.jpg

振り返るとまた素敵。

142段上りきった所には教会があり、中で涼んだ後
陶器屋を覗きながら階段をゆっくり下りました。
e0129137_7433451.jpg

おそらくドゥオーモ、水色の屋根が可愛いです。

この町の滞在時間は2時間、すでに出発しているバスを止めてギリギリ乗り込み
エトナ山を横目にカターニャに向かいました。
続く・・・。
[PR]
by tothuko | 2009-05-30 07:29 | Sicilia

シラクーサ発、日帰り小さな町への旅②チョコレートとバロックの町、モディカ。

ノート行きのバスの中でモディカのチョコレートを食べて
ちょっと衝撃を受けた私。
そうだ、モディカに行こう!
そう思った次の日、本当にモディカに向かった。

このチョコレート、
今まで食べていたチョコレートとはかなり違う食感で
口の中で溶けるのではなく噛むとシャリシャリと音がする。
ひと噛みごとにしっかりとしたカカオの味と砂糖の粒々を感じて
カカオのほろ苦さがクセになる。


むかしむかしにどこかの国(どかだったかなー?!失念)から伝わってきたチョコレート、
モディカでは当時の独特な伝統的製法を今でもずっと続けているそう。

聞くところによると作り方はシンプル。
カカオに含まれるカカオバターが溶ける45度まで温めた後、
砂糖とスパイスを入れるだけ。
45度までしか上げないので砂糖はカカオバターに溶けず、そのまま結晶として残ります。
その砂糖の結晶がシャリシャリとした食感の正体。



そして着いたモディカ。
内陸部に入ったせいか暑い。
e0129137_0552928.jpg

この温度計か正確に動いているのかはとっても疑問だけど42度!(らしい)
e0129137_12349.jpg

おそらくメインストリート。
日曜日だったのでほとんどの店が閉まっていて
数件のバールとお菓子屋さんは開いていた。
e0129137_1271563.jpg

サン・ピエトロ教会。
e0129137_103529.jpg

教会前の階段は12使徒の彫像が、見とれてしまった。
e0129137_194683.jpg

この階段上ろうか悩み中・・・
e0129137_1381019.jpg

あと少し・・・写真を撮りつつ休憩中。
そこにあったのはサン・ジョヴァンニ教会、町の一番高いところにあります。
けっこう悩んだけど上って良かった。
ここから見下ろす町がまた綺麗で、ほんと上って良かった。

肝心なチョコレートですが
イタリアでは珍しく試食をさせてくれる店が多かった。
フレーバーはオレンジやレモンの柑橘系や
シナモン、ショウガ、唐辛子、ミント、ピスタチオ、カフェなど豊富。
どれもカカオの風味を消すことなくほんのり主張してて美味しかったです。
普通のチョコレートじゃ物足りなくなりそうですねー。



でもこの暑さで一番美味しいのは水とジェラート・・・
e0129137_14515.jpg

あっさりレモンとこってりアーモンド。
[PR]
by tothuko | 2009-05-29 01:28 | Sicilia

シラクーサ発 日帰り小さな町への旅、ノート。

シチリア到着から一夜明け
シラクーサからバスで1時間小さな町ノートに向かいました。

バスの中でkogashiさんから頂いたモディカのチョコレートをもぐもぐ・・・
e0129137_062349.jpg

カカオの味を強く感じるモディカのチョコレートに驚き次の日はモディカに行こうとこの時決めた。
ちょっとうとうと・・・
あっと言う間に到着!

見て回るには2時間もあると十分すぎる小さな町。
帰りのバスは19時しかなかった(土日祝日は本数が少ないので注意です。)ので小さな町に7時間も滞在する事に。

例のごとく全く下調べをしてなかったのでチェントロ(町の中心)をひとりでぶらぶら。
この町一番の行事は毎年5月第3日曜の「花のじゅうたん祭」だそうで、ちょうど1週間前だったみたい。
e0129137_071530.jpg

町の入り口レアーレ門から真っ直ぐ延びた1キロくらいの大通りが主な見所。
この大通りを歩いているとドゥオーモやら古い劇場、教会
陶器屋さん、お菓子屋さんなんかが左右にあります。
でも土曜だったのでほとんど閉まってました。
e0129137_08817.jpg

バロック様式(?)のドゥオーモ
e0129137_094387.jpg

やる事の無い私はアーモンドのグラニタを食べ日陰で休憩。
e0129137_0103158.jpg

この美味しさはこの日差しの下でなくては分からないかも?!
e0129137_0123318.jpg

あまりの暑さにジェラートを食べて公園でのんびり。

この日は暑かった・・・。
e0129137_0135326.jpg

観光客がそこそこ居る大通りを一本入ると誰も居ない、町の住人はみんな家の中。
e0129137_0402537.jpg

シチリアの強い日差しがあまりに印象的だったので
太陽の陶器を購入。どうせなんで月も一緒に。
e0129137_0415462.jpg

私の名前にちなんでニワトリの笛も。
[PR]
by tothuko | 2009-05-27 00:16 | Sicilia

向かいの島に行ってました。

ここ数日、向かいの島まで遊びに行ってました。

うちの近くの港からフェリーで20分くらい、
フェリーに乗ってぼんやりしてたら出発してた、
急いでデッキに出て近付く大きな島を見ながら
iPodから4曲ほど流れたら着いた。
e0129137_22523684.jpg

本土からこの島に渡るのはフェリーか電車、飛行機。
電車の場合は列車を切り離してフェリーに乗せて運びます。
島に着いたら連結してまた走るのです。
こんなに近いんだから橋くらい渡したらいいのに。

イタリア20州の中で最大の州、シチリア州です。
初めてのシチリア~!
e0129137_2253425.jpg

州のシンボル「トリナクリア」
髪の毛はヘビ、目は人を石に化かすと言われるギリシア神話のメドゥーサ。
ちょっと怖い3本の足はシチリアの3つの岬を表しているそう。

シチリアで訪ねた小さな町を何回かに分けてぼちぼち紹介したいと思います。
[PR]
by tothuko | 2009-05-26 22:53 | Sicilia


トツです。約3年のイタリアど田舎生活後、日本の田舎から送る95%食日記。


by tothuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク・お知らせ

   ブログ

Tomoconeさん
(シチリア在住)
かたつむりの国だより*イタリア料理留学記

はつちゃん
(プーリア在住)
"Colori,sapori e gusti"

kogashiさん
野望を抱くイタリア料理人のPhoto Blog

Koudaiくん
Andiaaamo!!!!

Junちゃん
転食日記ブログ2

(mstk)a³さん
Tia Loca

Yusukerinoさん
Verso domani~明日に向かって~

Hiroちゃん
(パリ在住)
フランス jouer ! melodie a lumiere

Vinobiancoさん
食いしん坊の日記

ナカムラさん
ナカムラのブログ。「ナニシテナニタベタ」

よっしー
魅惑のよっしー。花嫁修業日記。

thistimelastyearさん
Viajero de la butaca

さだみ店長
さだみのぼやっきー?

如月さん
フェブリエの花日記

   HP

日欧商事
ホームページ
イタリアブログリンク集

パオロ先生のイタリア語教室
あびちイタリア語学院

さだみのセレクトショップ
セレクトショップ クロス

直島
旅行口コミ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

最新の記事

瀬戸内満喫3日間・2~3日目。
at 2011-10-01 20:18
瀬戸内満喫3日間・1日目。
at 2011-09-25 09:31
空港
at 2011-09-05 23:41
何年ぶり?花火大会
at 2011-08-26 16:10
ナスのパルミジャーナ
at 2011-08-21 13:10

カテゴリ

全体
学校編@Jesi
仕事編①@Casteldimezzo
仕事編②@Vallesaccarda
仕事編③@Bagnara calabra
仕事編④Serravallelanghe
Trentino alto adige
Piemonte
Toscana
Umbria
Marche
Liguria
Puglia
Campania
Calabria
Sicilia
フランス
福山・日々の事2008
京都・日々の事2008
東京日記2008
留学準備~出発
一時帰国2009 春
イタリア旅日記2009 夏
イタリア旅日記2009 秋
一時帰国2010 冬
ヴァカンッァ2010 初夏
Il Grappolo
1年前の今日は何してた?
トイプー♀モカちゃん
お出かけ
お知らせ
はじめに
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
more...

その他のジャンル

検索

ライフログ













ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧