<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

フリッタータ。

カラーブリア州の海辺のリストランテで働いてたある日の事。

いつも営業前の仕込みがひと段落した時に
みんなでまかないを食べていたのだけど
この日は忙しくて落ち着いて食事をする暇がなかったので
その辺にあった野菜をまとめて炒めて
卵12個分の大きなフリッタータを作りました。
すぐ出来るし冷めてもおいしいし好きなときにつまめると思ったので。
e0129137_14174168.jpg

そのフリッタータが大うけで
以来、フリッタータ作って、と頼まれる事もよくあったし
イタリア人に教えてくれと頼まれたり
休みの日に『家族の分作りに来て』と呼び出された事もありました。

和食と思って醤油をかけた人がいたり
みんなすごく珍しがっていたので
意外と日本で思われてるほどイタリアでは食べられて無いのかもしれないです。
日本のイタリアンレストランではよく見かけますよね??
e0129137_14175970.jpg

今日は釜揚げしらすと菜花のフリッタータ。

私が一番好きなのはズッキニーがいっぱい入ったフリッタータ、
ホクホクしてとってもおいしい。

最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-30 14:48 | 一時帰国2010 冬

粉もの。

粉ものいろいろ。

久しぶりにパスタを打ちました。
e0129137_13231833.jpg

Fettuccine(フェットチィーネ) 1キロ
e0129137_13241044.jpg

Garganelli(ガルガネッリ) 1キロ

たいした量じゃないけど
うちにある小型のパスタマシーンを使ったので
めちゃめちゃ時間がかかりました。
ガルガネッリは当分やりたくないです・・・
e0129137_13355223.jpg

粉1キロ分のGrissini(グリッシーニ)。
ピエモンテ州のパンの一種で
食事の時パンと一緒に出されます。

そのままポキポキ折りながら食べたり
生ハムを巻いて食べたりするのですが
食べだすと止まらなくなるちょっと危険なパンでもあります。

最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-29 14:05 | 一時帰国2010 冬

干支の話。

イタリアに居るとよく星座を聞かれます。
私はさそり座、イタリア語ではScorpioneスコルピオーネ。
占いはもっぱら星座占い、
血液型占いなんて聞いた事がないです。
それどころか自分の血液型を知らない人がほとんど。

星座を聞かれた後、だいたい干支について聞かれます。
毎年、正月のテレビ番組で日本の初詣の映像と共に
『今年は○○年です。』と言った感じで流れているのでしょう・・・きっと。
みんな日本と中国では星座とは違う何かが使われているらしいと知っていて
自分の干支は何かと聞いてきます。

はじめは動物の名前が全部イタリア語で言えず
英語を使ったりしていましたが
今では完璧です。

子 il Topo
→子年 l'anno del Topo
丑 il Bue 
→丑年 l'anno del Bue
寅 la Tigre 
→寅年 l'anno della Tigre
卯 il Coniglio 
→卯年 l'anno del Coniglio
辰 il Drago
→辰年 l'anno del Drago
巳 il Serpente 
→巳年 l'anno del Serpente
午 il Cavallo 
→午年 l'anno del Cavallo
未 la Pecora 
→未年 l'anno della pecora
申 la Scimmia 
→申年 l'anno della Scimmia
酉 il Gallo 
→酉年 l'anno del gallo
戌 il Cane
→戌年 l'anno del cane
亥 il Cinghiale 
→亥年 l'anno del Cinghiale

ずいぶん前ですがカラーブリアの海岸通にあるバールで干支の話をしていて
みんなの干支をそれぞれ教えた後
『他にどんな動物がいるのか?』と聞かれました。
ねーうし、とら、うー・・・
と順番に数えながらひとつずつイタリア語に直していたら
十二支のはずが一匹足りない、
でも何が足りないか分からない状態になりました。

イタリア語で考えていると日本語だとすぐ分かる事でも分からなくなる事があって
私がよく分からなくなるのが計算。
2けた以上の数字の掛け算をイタリア語で言われると分からなくなったりします。

話は反れたけど、とにかく一匹思い出せなかったのです。
みんな『クマじゃないの?』『クジラ?』『ネコ?』と言ってくるので更に分からなくなった時
それまで黙ってタバコを吸っていたフランチェスコ
『ウサギでしょ?』とボソッと言ったので
『そうそう何で知ってたの??』と私はビックリ。
そんな私にフランチェスコもビックリ・・・・恥ずかしそう。
どうやら冗談で言ったのが偶然当ってしまったようでした。
e0129137_16485262.jpg

今年は寅年。
e0129137_1723416.jpg

うちの人参を作ったのはこの人。


イタリアワイン・食材の輸入業で有名な日欧商事さんのホームページ『イタリアブログリンク集』でイタリア・食のブログ界(?)では超有名なブロガーさん達に混ざって紹介していただいてます。
ステキなブログばかり集まったリンク集なので是非見てください。

最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-25 17:03 | 一時帰国2010 冬

リコッタ・サラータ。

イタリアから持ち帰ったチーズのひとつRcotta salataリコッタ・サラータ。
e0129137_2044378.jpg

南イタリアで働いていると出来立てのリコッタチーズがほんのり温かい状態で
リストランテに届いてました。
そんないい状態のリコッタチーズは日本ではなかなか手に入りません・・・
以前書いたのですがリコッタチーズはチーズを作った時の副産物で鮮度が命。
以前の記事→ 
チーズをたくさん仕込む時期にはリコッタチーズもたくさん出来るのです。
e0129137_20515742.jpg

そこで日持ちしないリコッタチーズを保存用に作られるのがリコッタ・サラータ。
水分を抜いて加塩、乾燥、熟成してあります。

カラーブリアで働いていたストランテにはいつもありました。
同じメーカーの商品でも塩加減や固さが色々で
すごく塩辛い時、そのまま食べれるくらいほんのり塩味の時、
固い時、シットリしてる時・・・・

私が買ってきた物は固めで塩がしっかりきいてました。
e0129137_20561127.jpg

軟らかく煮た尾道産イイダコのスパゲッティにリコッタ・サラータを削って・・・
e0129137_20584035.jpg

そのまま食べても美味しかったけど
リコッタ・サラータをかけると一気に南イタリアの味。


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-24 21:05 | 一時帰国2010 冬

ウイキョウのお茶。

私は夏でも冬でも温かい飲み物を好んで飲みます。
冷え性なんで。
e0129137_1342173.jpg

イタリアでよく飲んでいたFinocchioフィノッキオのお茶。
フィノッキオは日本ではウイキョウとかフェンネルとか呼ばれています。
e0129137_14322471.jpg

食後や胃が疲れている時に効くそう。
キラキラした包み紙のお菓子はTrronciniトッロンチーニ。
ナターレ時期に食べられるお菓子で、
日本に帰る時、シェフのマンマ・マリアが持たせてくれたもの。
e0129137_14401042.jpg

12月に入ると町のPasticceriaお菓子屋やバールのショーケースに並びます。
味、形、大きさ、包み紙はそれぞれ個性があって
どこのトッロンチーニが美味しいのかなと
夕方の休憩に入ると、バールに行ってはトッロンチーニ1個とカッフェマキアートで一服してました。


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-23 14:57 | 一時帰国2010 冬

思い出の切符。

財布、カバン、コートのポケットからイタリアの切符が数枚出てきました。
国鉄(Trenitaliaトレニタリア)の切符は大きい(小さい場合もあります)ので
使った後すぐに捨てるのですが
私鉄やバスの小さめの切符は捨てるタイミングを逃しがち。
e0129137_2348123.jpg

こうやって改めて並べてみると
色使いやデザインがシンプルできれいで
ますます捨てられなくなってしまう。

この繰り返しで溜まり続ける切符(パンフレットや入場券も!)をどうやって保管しようかと
絵や情報と一緒にノートにきれいに貼って「旅ノート」を作ろうと思った事もあったけど
続かなかったです。


手前の水色の切符は
アマルフィ海岸を走るバスの切符『UNICO COSTIERA』
ソレントからサレルノまでの海岸線に点在する町で
刻印してから24時間、好きな所で乗り降り出来るもの。
『UNICO COSTIERA』のホームページを見ると
45分間チケット(2ユーロ),90分間チケット(3ユーロ)
24時間チケット(6ユーロ) ,3日間チケット(15ユーロ)と色々あって
どれもデザインが好みでした。
e0129137_051835.jpg

2009年12月23日
ソレントから鳥が目印のSITA社のバスに乗りアマルフィに向かいました。
『天空の城ラピュタ』に出てくる女の子・シータの名前は
このバス会社の名前から来てるのかな・・・なーんて思います。
e0129137_044710.jpg

窓から見える景色は寝てる暇なし、
海岸側の席に座るとかなり楽しめます。
(過去の記事→ソレント発、断崖絶壁バスの旅。 )
崖ギリギリの細い道を蛇行して走るので
車に酔いやすい人や高い所が苦手な人には辛いです。きっと。
e0129137_0172533.jpg

上手く使えばとってもお得な切符ですね。
私はアマルフィで長居をし過ぎたので他の町には行けず
ソレント~アマルフィ~ソレント間で使ったのですが
それでも十分満足でした。
6ユーロは安いです。


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-22 00:39 | 一時帰国2010 冬

うちの人参。

日本に帰ったら今まで溜めていた事をたくさん書こうと思っていたのだけど
ちょっと日にちが空いてしまいました。

先日はイタリアンを食べに神戸まで行ってきました。
前回の帰国の時も寄せてもらったイタリア&地中海料理のファーベル
HP

前回訪問記事はこちら

ちょうど1年半ほど前、イタリア、マルケ州の山の上で働いていた時
ばったり会った日本人のさんが働かれてるお店。
当時さんは近くの山で働かれていてイタリア生活3年目(くらいだったかな?)
イタリア語もペラペラで郷土料理にも詳しくて色々お世話になりました。
こちらのオーナーシェフの方もイタリアをはじめ地中海沿岸の国で修行されたそう。

前回こっそり行ってさんが驚いたのが楽しかったので
今回もこっそりうかがいました・・・
しかもピエモンテ・バローロ在住、現在フェリエ(休暇)の為帰国中のさんも
岐阜県から来てくれて(さんとさんも友達なんです。)
大掛かりなドッキリとなりました。
人気店に予約せずに行ったので私もドキドキだったんですよ。


私のお勧めはカウンター席。
シェフさんの前に座ってイタリア生活での楽しい話や
こだわられてる食材や手打ちパスタ(かなりの種類用意されてます!!)
郷土料理、ワインの話なんかをするのが楽しいです。
この日はポレンタが好きか嫌いかで盛り上がりました。
ポレンタとは・・・ウィキペディアへ!
ちなみに私は苦手派で
たまに食べるならいいんだけど、
米やパスタ、パンのように食べろと言われると無理です。

話をしながらも、おふたりは次々と料理を仕上げられるんですがね。
忙しい時間を外してグラスワインと一品なんて使い方も近くに住んでたらしたいなー。

シェフがモロッコで食べて感動したと言う
タジン鍋料理もおいしいですよー。
前回は仔羊、今回はホロホロ鳥で頂きました。
変わった形の土鍋が目の前に出てきて
フタを空けた瞬間にフワっと広がる香りと湯気が最高です。


話は変わって・・・
「野菜、よーけーあるし使ってぇ。」と母が畑から
カブやら白菜、人参を採ってきました。
e0129137_2264190.jpg

うちの母親が作った人参。
e0129137_22351688.jpg

すごいですよね?!
e0129137_22392356.jpg

1本の人参の頭が2つに別れているんじゃなくて
2本の人参がグルグル巻きついてるんですよ。
天然の母らしい作品ですね。
しかも土から人参を抜いた本人は
私が言うまで、この奇妙な形に気付いてなかったという事です。

最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-18 23:01 | 一時帰国2010 冬

アマルフィのプランツォとペレゼペ。

ナターレ前、カラーブリアのみんなと別れて
チハルちゃんとナポリ、アマルフィを1泊2日で駆け足旅行しました。

チハルちゃんと初めて会ったのは去年9月の終わり
ヴィッラ サン ジョバンニの駅。
とっても可愛くて小さくて細くて、
今まで会った事の無いタイプの女の子でした。
それから3ヶ月、同じリストランテで働くうち
だんだんと顔つきが変わってきて(太ったとかじゃなくてね)
強くなったなーと。
3人兄弟、長女の私と
3人兄弟、末っ子のチハルちゃん。
最後には姉と妹になってました。


アマルフィをブラブラ。
e0129137_10191576.jpg

海を背に奥へ奥へと歩いていくと、
e0129137_955219.jpg

突然現れたPresepe(プレゼペ)
自然の岩を利用した大きなものでした。
e0129137_10202584.jpg

お腹が空いてきた頃
その辺を歩いていた地元のおじさんっぽい人に質問
「この辺で安くておいしいトラットリアはどこですか??」
こうやって地元のおじさんに聞くとおいしい所を教えてもらえる可能性が高いのです。

おじさんに教えてもらったトラットリアでプランツォ。
e0129137_10235684.jpg

女性がひとりで切り盛りをしていたのでかなり待ちました・・・・
青い魚はお手拭。
e0129137_102647.jpg

前菜は魚介のマリネと魚介のサラダを半分ポーションずつお願いしました。
e0129137_10282995.jpg

せっかくだしコレも。
モッツァレラとプロシュット。
e0129137_10293484.jpg

イタリアに居ても意外と食べる機会がないんですよね。
e0129137_10303830.jpg

タコのサンタルチア風。

次の日、私とチハルちゃんはナポリで衝撃のピッツァに出合ったんですねー。
今でも忘れられないです。


最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-13 10:53 | Campania

カピコッロ。

イタリアに居る間は全くと言っていいほど
和食が恋しくなったり
自分の為に作ってまで食べるって事はないのだけど
(作ってって言われたら作りますよ。)
和食はやっぱりホッとするし
胃が喜んでいる感じです。

お湯が安心して使えるシャワーにも感動。
カラーブリアで住んでいた家ではお湯が限られた量しか出ず
髪を洗うのに十分な量が出なかったので
いつもヒヤヒヤ・・・
急に冷たい水になったりするのは当たり前で急に停電する事も。
シャワーをするのが毎日ストレスで髪をバッサリ(ちょっと大げさ)切ったり
トリートメントを使わずシャンプーのみで終らすとか色々大変でした。

昨日、パソコンを買いに電気屋さんに行った時も
店員さんの親切で丁寧な対応にビックリしました。

欲しい時に欲しい物がすぐに手に入るのもやっぱり日本。
イタリアでも無いなら無いなりに何とか生活できる事は分かったんですがね。

他にも小さな感動が多い日々を送ってます。



イタリアから数種類のサラミとチーズを買ってきました。

そのうちのひとつCapicolloカピコッロは
豚の首から肩にかけての肉を使ったサラミの一種で
南イタリア独特のものではないかなと思ってます。
e0129137_2182160.jpg

今夜はこれを薄く切りながら
家にあったカンパーニャ州の赤ワイン・アリアニコを飲みました。

そう言えば、あの森授業の帰りに食べたパニーノはカピコッロ入りでしたね。

最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
  ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-12 21:51 | 一時帰国2010 冬

普通の生活に戻る日。

1月6日のEpifania(エピファニア)で終ったイタリアのナターレ休暇。

5~6日にかけての夜中、子供達が枕元に用意して寝た靴下の中に
ベファナと言う魔女が煙突から家に入り
良い子にはお菓子、悪い子には炭が入て回ります。
そうそうイタリアでは靴下はこの日に登場するのです。
e0129137_203622.jpg

ドナトから今年も胡桃をもらい
仕事の合間にみんなに手伝ってもらって割りました。
e0129137_20374990.jpg

1月7日のローマ・スペイン階段はツリーが撤去作業中。
ちょっと浮いてるの分かるかな??

1月6日に乗ったローマ行きのプルマン(長距離バス)は
帰省を終えて帰る大きなスーツケースを持った人、見送りの人でいっぱいでした。
何度も利用したこのバス停がこんなに混んでいたのは初めてで
姉シェフ・リナの長男・マルコ
約2週間のナターレ休暇を実家で過ごしミラノに帰る前日
『1月6日は普通の生活に戻る日』だと言ったのを思い出しました。
e0129137_20544594.jpg

ローマの街角ではたくさんの焼き栗屋さんを見かけます。
e0129137_22552555.jpg

この焼き栗屋さんはスペイン階段を下りた正面
一流ブランドの路面店が並ぶコンドッティ通り入り口
ディオールとイヴサンローランの間に店を構えてました。
e0129137_20552747.jpg

ブランドには全く興味が無いので
焼き栗を食べながら散歩、ホクホクでおいしかった。
この辺りのブランド路面店、私なんかは入れない雰囲気が漂ってます・・・
あーブランド品のお土産頼まれなくて良かったなと改めてホッとしました。
e0129137_2055583.jpg

そしてニッポン。

今回の飛行機はJALの直行便だったので
言葉の通じない国での乗り換えのストレスも無く
機内では隣の席のが空席だったので3席使って横になって寝ていたら
あっという間に着いてました。

当分の間、たまったイタリア回想日記を交えて
日本からお届けしますね。


お友達のみなさん・・・
携帯電話の番号とアドレスが変わってしまったので
e-mailかmixiの方に連絡を下さい。

最後に応援のクリックしていただけたら嬉しいです。
   ブログランキング(イタリア情報)に一票
[PR]
by tothuko | 2010-01-10 21:32 | 一時帰国2010 冬


トツです。約3年のイタリアど田舎生活後、日本の田舎から送る95%食日記。


by tothuko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク・お知らせ

   ブログ

Tomoconeさん
(シチリア在住)
かたつむりの国だより*イタリア料理留学記

はつちゃん
(プーリア在住)
"Colori,sapori e gusti"

kogashiさん
野望を抱くイタリア料理人のPhoto Blog

Koudaiくん
Andiaaamo!!!!

Junちゃん
転食日記ブログ2

(mstk)a³さん
Tia Loca

Yusukerinoさん
Verso domani~明日に向かって~

Hiroちゃん
(パリ在住)
フランス jouer ! melodie a lumiere

Vinobiancoさん
食いしん坊の日記

ナカムラさん
ナカムラのブログ。「ナニシテナニタベタ」

よっしー
魅惑のよっしー。花嫁修業日記。

thistimelastyearさん
Viajero de la butaca

さだみ店長
さだみのぼやっきー?

如月さん
フェブリエの花日記

   HP

日欧商事
ホームページ
イタリアブログリンク集

パオロ先生のイタリア語教室
あびちイタリア語学院

さだみのセレクトショップ
セレクトショップ クロス

直島
旅行口コミ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

最新の記事

瀬戸内満喫3日間・2~3日目。
at 2011-10-01 20:18
瀬戸内満喫3日間・1日目。
at 2011-09-25 09:31
空港
at 2011-09-05 23:41
何年ぶり?花火大会
at 2011-08-26 16:10
ナスのパルミジャーナ
at 2011-08-21 13:10

カテゴリ

全体
学校編@Jesi
仕事編①@Casteldimezzo
仕事編②@Vallesaccarda
仕事編③@Bagnara calabra
仕事編④Serravallelanghe
Trentino alto adige
Piemonte
Toscana
Umbria
Marche
Liguria
Puglia
Campania
Calabria
Sicilia
フランス
福山・日々の事2008
京都・日々の事2008
東京日記2008
留学準備~出発
一時帰国2009 春
イタリア旅日記2009 夏
イタリア旅日記2009 秋
一時帰国2010 冬
ヴァカンッァ2010 初夏
Il Grappolo
1年前の今日は何してた?
トイプー♀モカちゃん
お出かけ
お知らせ
はじめに
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
more...

その他のジャンル

検索

ライフログ













ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧